教員情報詳細

古田 雅憲 フルタ マサノリ

論文一覧

出版年月 発表論文の標題 共著者名 掲載誌名 巻号頁 共著/単著
2019/02 「幼児・児童のための古典読本」の構想 ─キリスト教主義の学校園において─ 西南学院大学人間科学論集 14巻2号134-159頁 単著
2018/10 当館所蔵「ちりめん本」種々(3) ──ラフカディオ・ハーンの絵本── 西南学院大学図書館報 185号1頁 単著
2018/08 絵本『めっきらもっきらどおんどん』を読む ──ビジュアル・シンキングを併用する群読の構想── 西南学院大学人間科学論集 14巻1号57-85頁 単著
2018/04 当館所蔵「ちりめん本」種々(2) ──いなくなった鉢かづきの姫── 西南学院大学図書館報 184巻1頁 単著
2018/02 『めっきらもっきら どおんどん』小考―保育士及び幼小教員養成課程における群読学習のために― 西南学院大学人間科学論集 13巻2号1-23頁 単著
2017/10 当館所蔵「ちりめん本」種々(1)──“Japanese Fairy Tale Series”── 西南学院大学図書館報 183号1頁 単著
2017/08 アクティブ・ラーニング支援と大学図書館に求められる機能 ──西南学院大学新図書館の構想── 西南学院大学人間科学論集 13巻1号353-382頁 単著
2017/02 小学校教員養成課程における「古典の学び」について ──御伽草子「浦嶋太郎」の群読台本づくりを例として── 西南学院大学人間科学論集 12巻2号1-25頁 単著
2016/10 仙厓逍遙(四) 西南学院大学図書館報 181号1頁 単著
2016/08 『じいじのさくら山』考 ──低学年児童の群読学習のために── 西南学院大学人間科学論集 12巻1号1-30頁 単著
2016/04 仙厓逍遙(三) 西南学院大学図書館報 180号1頁 単著
2016/02 仙厓さんの絵を読む-石村コレクション「寒山拾得図」について- 西南学院大学人間科学論集 11巻2号1-10頁 単著
2015/10 仙厓逍遙(その二) 西南学院大学図書館報 179号1頁 単著
2015/08 「小敦盛」図像私註(下) 西南学院大学人間科学論集 11巻1号1-24頁 単著
2015/04 仙厓逍遙(その一) 西南学院大学図書館報 178号1頁 単著
2015/02 「小敦盛」図像私註(上) 西南学院大学人間科学論集 10巻2号21-41頁 単著
2014/08 「群読」を援用する説明的文章の学習指導 ―「大きな力を出す」の群読台本を例として― 西南学院大学人間科学論集 10巻1号1-22頁 単著
2014/02 杉図像の含意について(2)―石山寺蔵「源氏物語画帖」四百画面を例に― 西南学院大学人間科学論集 9巻2号1-20頁 単著
2013/08 杉図像の含意について(1)―石山寺蔵「源氏物語画帖」四百画面を例に― 西南学院大学人間科学論集 9巻1号1-20頁 単著
2013/02 「竹取物語」授業化の構想―絵本「かぐや姫」を援用する音読学習の試み― 西南学院大学人間科学論集 8巻2号1-26頁 単著
2012/10 『絵巻 山中常盤』 西南学院大学図書館報 173号7頁 単著
2012/08 「若紫」授業化の構想―挿絵を援用する古典学習の試み― 西南学院大学人間科学論集 8巻1号1-26頁 単著
2012/03 「彦火々出見尊絵巻」図像私註(六) -幼児・低学年児童の古典学習材として再構成するために- 西南学院大学人間科学論集 7巻2号127-145頁 単著
2011/08 「彦火々出見尊絵巻」図像私註(五) ―幼児・低学年児童の古典学習材として再構成するために― 西南学院大学人間科学論集 7巻1号1-18頁 単著
2011/03 「彦火々出見尊絵巻」図像私註(四) ―幼児・低学年児童の古典学習材として再構成するために― 西南学院大学人間科学論集 6巻2号21-36頁 単著
2010/08 「彦火々出見尊絵巻」図像私註(三)  ―幼児・低学年児童の古典学習材として再構成するために― 西南学院大学人間科学論集 6巻1号1-16頁 単著
2010/02 「彦火々出見尊絵巻」図像私註(二)―幼児・低学年児童の古典学習材として再構成するために― 西南学院大学人間科学論集 5巻2号1-12頁 単著
2009/08 「彦火々出見尊絵巻」図像私註(一)―幼児・低学年児童の古典学習材として再構成するために― 西南学院大学人間科学論集 5巻1号1-19頁 単著
2009/02 (報告)人間科学部コミュニティー・サービス・ラーニング(2007年度)の取り組み 藤田尚充・磯望・門田理世・黒木重雄・中村奈良江・野口幸弘・大濱順彦・瀬川啓子・高谷よね子・田代裕一・渡邊均・米谷光弘 西南学院大学人間科学論集 4巻2号97-137頁 共著
2009/02 新指導要領に準拠する古典教材の構想-高学年児童のための「源氏物語」の学習- 西南学院大学人間科学論集 4巻2号1-17頁 単著
2008/02 撫子文様の含意について -石山寺蔵「源氏物語画帖」四百画面を例に- 西南学院大学人間科学論集 3巻2号75-92頁 単著
2007/10 「源氏絵」を読む 西南学院大学図書館報 163号2頁 単著
2007/08 映像メディアを援用した「扇の的」の授業提案-幼児・児童のための古典教育を展望しながら- 小野 静香 西南学院大学人間科学論集 3巻1号15-52頁 共著
2007/03 幼児教育における古典絵画の援用について-群大図書館蔵「新田岩松家旧蔵粉本」の学習材化- 群馬大学語文学会 語学と文学 43号12-31頁 単著
2006/10 「とびだす絵巻物をつくる~絵解きを通して古典に親しむ~」 群馬大学地域連携推進室 上毛新聞社出版局 『群馬大学研究室から 新時代への視点』 3-4頁 共著
2006/07 ビジュアル・シンキングの国語教育への援用について 西南学院大学人間科学論集 2巻1号17-40頁 単著
2006/03 「高山寺明恵上人行状(仮名行状)」の仮名書き語彙 群馬大学教育学部 群馬大学教育学部紀要 55号1-20頁 単著
2005/04 「京童」挿絵小考(その三)-草木図像を中心に- 松本拓也 群馬大学語文学会 語学と文学 41号29-45頁 共著
2005/03 「林原本平家物語絵巻・殿上闇討事」授業化の構想 群馬大学臨床教育センター 群馬大学教育実践研究 22号15-27頁 単著
2005/03 「高山寺明恵上人行状(仮名行状)」の副詞等 群馬大学教育学部 群馬大学教育学部紀要 54号13-32頁 単著
2004/09 特別企画展<親子で愉しむ猫絵展>に寄せて LINE2004年9月号(群馬大学図書館報) 単著
2004/03 新田岩松家旧蔵百鬼夜行絵巻粉本について-<猫絵の殿様>の画業を理解するために- 群馬大学語文学会 語学と文学 40号37-47頁 単著
2003/05 <絵を読む>から<古文を読む>へ 東京法令出版 月刊国語教育 23巻2号100-103頁 単著
2003/04 <絵解き>教材のねらいと特徴 東京法令出版 月刊国語教育 23巻1号100-103頁 単著
2003 表記で読み解く「おじさんのかさ」 15-22頁
2003 「京童」挿絵小考(2)-被り物の図像を中心に- 語学と文学 39号23-40頁
2002/06 新田文庫蔵『百鬼夜行絵巻粉本』について LINE2002年6月号(群馬大学図書館報) 単著
2002 明恵伝諸本の「母」をめぐって 文教国文学 47号1-14頁
2002 「信貴山縁起絵巻・尼君巻」授業化の構想 語学と文学 38号67-84頁
2002 死・重傷病彙語にみる「高山寺明恵上人行状」の編集態度 群馬大学 教育学部紀要(人文・社会科学編) 51号103-115頁
2000 国語科教育における「絵解き」の意義と指導 語学と文学 37号1-35頁
2000 『京童』挿絵小考(一) 文教国文学 1巻43号1-14頁
2000 「権者」考 文教国文学 42号22-39頁
1999 「明恵上人行状(仮名行状)」の表記等にみる高山寺仏教圏の成立前後 文教国文学 41号23-35頁
1999 「明恵、死の誘惑」-弥勒・観音・補陀落渡海- 文教国文学 40号19-35頁
1999 「流星」考-明恵説話と天台の接点について- 国語国文 68巻1号1-16頁
1998 海の明恵-熊野信仰と明恵の接点について- 文教国文学 38・39号198-207頁
1997 明恵上人自毀の顛末と非人救済 文教国文学 37号19-29頁
1997 川僧講人天眼目抄の助詞ニとヘについて 文教国文学 35・36号216-226頁
1996 川僧講人天眼目抄のヨリとカラについて 文教国文学 34号7-12頁
1995 中華若木詩抄にみる中世末「漢字理解」の一傾向 文教国文学 33号13-23頁
1994 中華若木詩抄に現れる漢字句(漢語)とその和らげかた 文教国文学 32号63頁
1994 中華若木詩抄にみる漢字句(漢語)の理解について 広島文教女子大学紀要 29号225頁
1993 川僧講人天眼目抄象徴詞覚書 文教国文学 30号55-68頁
1992 川僧講人天眼目抄のホドニ・ニヨッテをめぐって 広島文教女子大学紀要 27号1-8頁
1990 川僧講人天眼目抄の成立事情と言葉 筑紫語学研究 1号
1984 蒙求抄の二部構造 文献探究 14号
1983 文終止形式から見た荘子抄の成立 語文研究 55号

ページの先頭に戻る

ウィンドウを閉じる


〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院大学
このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。