教員情報詳細

宮本 敬子 ミヤモト ケイコ

論文一覧

出版年月 発表論文の標題 共著者名 掲載誌名 巻号頁 共著/単著
2021/07 「闘争のインターセクショナリティを求めて」 アンジェラ・デイヴィス(浅沼優子訳)『アンジェラ・デイヴィスの教え』(書評) 宮本敬子 図書新聞 3504号号2頁
2021/04 宮津多美子著 Bodies That Work: African American Women's Corporeal Activism in Progressive America (書評) アメリカ学会会報ーThe The American Studies Newsletterー 205号9頁 単著
2019/09 トニ・モリスンと歴史的トラウマ表象 ユリイカ 10月号 トニ・モリスン特集 (青土社) 51巻17号185-193頁 単著
2017/04 Edited by Jay Watson and James G. Thomas, Jr., Faulkner and the Black Literatures of the Americas: Faulkner and Yoknapatawpha, 2013.(書評) フォークナー第19号 151-155頁 単著
2016/03 Etsuko Taketani, Black Pacific Narrative: Geographic Imaginations of Race and Empire between the World Wars(書評) アメリカ文学研究 52号107-113頁 単著
2015/07 黒人女性表象のゆくえーbell hooksとKara Walkerの視覚芸術ー 西南学院大学英語英文学論集 56巻1号1-26頁 単著
2014/03 ト二・モリスンの描くグレート・マイグレーション―ジェイコブ・ローレンス『マイグレーション・シリーズ』との比較から― 西南学院大学英語英文学論集 54巻1.2.3 合併号45-64頁 単著
2012/06 Toni Morrison and Kara Walker: The Interaction of Their Imaginations(査読) The Japanese Journal of American Studies (日本アメリカ学会) 23号 231-261頁 単著
2011/03 ベル・フックス著(大類久恵監訳・柳沢圭子訳)『アメリカ黒人女性とフェミニズムーベル・フックスの「私は女ではないの?」』書評 黒人研究 80号80-81頁 単著
2009/03 Toni Morrison, Paradiseにおけるトラウマの母性/女性表象 西南学院大学英語英文学論集 49巻1・2・3合併号25-52頁 単著
2009/01 竹村和子編『ジェンダー研究のフロンティア第5巻、欲望・暴力のレジームー揺らぐ表象/格闘する理論』(作品社、2008)書評 Cutting-Edge(北九州市立男女共同参画センター“ムーブ”) 33号2頁 単著
2008/07 松本昇・君塚淳一・鵜殿えりか編『ハーストン、ウオーカー、モリスン―アフリカ系アメリカ人女性作家をつなぐ点と線』書評   アメリカ学会会報-The American Studies News Letter- (日本アメリカ学会) 186号 4頁 単著
2007/02 Toni Morrison, Jazz における愛と女性主体 西南学院大学英語英文学論集 47巻1・2・3合併号147-193頁 単著
2006/02 Thinking through Sexual Difference : Toni Morrison's Love Trilogy(査読) University Microfilm International (Ph. D. Dissertation, State University of New York at Buffalo) 1-162頁 単著
2004/12 Thinking through Sexual Difference :Race, History and Community in Paradise 西南学院大学英語英文学論集 45巻2号65-111頁 単著
2002/03 Call of More: On Toni Morrison's Beloved 西南学院大学英語英文学論集 42巻3号125-156頁 単著
1998/12 Shattering the Body : On Grace King’s “Monsieur Motte” 西南学院大学英語英文学論集 39巻1・2合併号87-107頁 単著

ページの先頭に戻る

ウィンドウを閉じる


〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院大学
このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。