教員情報詳細

古田 雅憲 フルタ マサノリ

担当授業科目

担当授業科目
  • 演習I
  • 演習II
  • 教職実践演習(幼・小)
  • 国語科教育研究
  • 国語科指導法
  • 国語学概論I
  • 国語学概論II
  • 卒業論文
  • 保育内容(言葉)
  • 保育内容の研究(言葉)
  • 教科教育学特論 III【大学院】
  • 人間科学演習【大学院】
  • 人間科学研究指導【大学院】
  • 教育実績

    実績名 種別 実施期間 概要
    模擬授業形式によるゼミナール
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2007/04~2009/05 [授業科目:演習Ⅰ]毎回受講生1名が任意の小学校国語科教材を取り上げ、事前に行った教材研究・指導案作成を踏まえて45分間の模擬授業を実践する。その授業を承けて、後半45分では全員討論による検証作業を行っている。小学校教員を目指す受講生の実践力向上を主たる目的とする。
    第24回「福岡授業研究交流会」における研究発表
    教育方法・教育実践に関する発表、講演等 2007/02/15 学校教員および学生を対象とする標記の会において、「古典絵画を援用する国語教室の試み-中学校での古典導入教育を手がかりに-」と題して、実践研究発表を行った。
    「西新チルドレンズミュージアム」実行委員
    その他教育活動上特記すべき事項 2006/05 主として福岡市西部の小学校児童を対象とする「チレドレンズミュージアム」を企画運営する標記の団体に、実行委員の一人として携わっている。
    授業評価
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2006/04~2009/05 [授業科目:保育内容の研究(言葉)、児童文学、国語学概論Ⅰ、国語教育研究、国語学概論Ⅱ] 最終講義の最後15分を使って、学生による授業評価を行い、講義内容・方法等の改善に努めている。
    200字作文形式の出席カード
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2006/04~2009/05 [授業科目:保育内容の研究(言葉)、児童文学、国語学概論Ⅰ、国語教育研究、国語学概論Ⅱ] 毎回の講義末5~10分を使って、本時の講義内容を踏まえた小論文の作成を課している。感想や質問だけでなく、発展的な展望や批判的な意見を良しとしている。またカードのうち数枚について、講義内容の深化・定着をはかる目的で、次回講義時に披瀝しコメントする。
    パワーポイントによる講義
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2006/04~2009/05 [授業科目:保育内容の研究(言葉)、児童文学、国語学概論Ⅰ、国語教育研究、国語学概論Ⅱ] 毎回の講義内容をパワーポイントを援用して視覚化すると同時に、画面と連動した手元資料(キーワード等を穴埋め・記入式としたもの)を準備配布している。受講生の興味関心を高めるとともに、講義内容の定着をはかる工夫である。

    教科書・教材

    作成年月 教科書・教材名 概要
    2006/04 パワーポイントによる講義に連動した講義資料(穴埋め、書き込み式)の工夫 [授業科目:保育内容の研究(言葉)、児童文学、国語学概論Ⅰ、国語科教育研究、国語学概論Ⅱ] パワーポイントで視覚化した講義内容の定着をはかるために、画面と連動した手元資料(キーワード等を穴埋め・記入式としたもの)を作成配布している。受講生の集中力を維持し、また講義内容をコンパクトに集約する上で効果的と判断している。
    2003/09 パワーポイントによる講義に連動した講義資料(穴埋め、書き込み式)の工夫 [授業科目:日本語学基礎講義、日本語学講義ⅠB、初等科国語] パワーポイントで視覚化した講義内容の定着をはかるために、画面と連動した手元資料(キーワード等を穴埋め・記入式としたもの)を作成配布している。受講生の集中力を維持し、また講義内容をコンパクトに集約する上で効果的と判断している。
    2003/04 パワーポイントによる講義に連動した講義資料(穴埋め、書き込み式)の工夫 [授業科目:言語地理学入門、文章表現、日本語学講義ⅠA] パワーポイントで視覚化した講義内容の定着をはかるために、画面と連動した手元資料(キーワード等を穴埋め・記入式としたもの)を作成配布している。受講生の集中力を維持し、また講義内容をコンパクトに集約する上で効果的と判断している。

    ページの先頭に戻る

    ウィンドウを閉じる


    〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院大学
    このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。