教員情報詳細

和田 光昌 ワダ ミツマサ

担当授業科目

担当授業科目
  • 演習
  • 外国語コミュニケーションB(フランス語)
  • 基礎演習
  • 世界文学概論
  • 卒業論文
  • 導入演習
  • フランス語アトリエ
  • フランス語演習応用(リーディング)
  • フランス語演習基礎(リーディング)
  • フランス語基礎文法A
  • フランス語テクスト演習A
  • フランス文学研究I
  • 翻訳研究
  • フランス文学特殊研究 V【大学院】
  • フランス文学特殊研究 VI【大学院】
  • フランス文学演習 V【大学院】
  • フランス文学演習 VI【大学院】
  • フランス文学研究指導 III【大学院】
  • 教育実績

    実績名 種別 実施期間 概要
    速読形式の講読の授業
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2006/10/01~2007/03/31 予習してくるだけでなく、やさしいフランス語のテクストをその場で読み解く練習をした。直読直解の練習になる。
    メーリングリストの活用
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2006/04/01~ ゼミにおいてメーリングリストを作成し、日程や授業内容、発表者とその題目などの連絡、学生の個別の相談などに利用した。
    フランスの時事問題についての学際的展開の試み
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2005/04/01~ 「フランス事情」などの授業において、フランスの今日の社会問題を取り上げ、それを、文学、思想、文化史の観点から通時的に俯瞰することを試みた。
    テーマに基づいた作文の授業
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2005/04/01~ 日本語の単文をフランス語に訳すのではなく、ひとつのテーマについて書かれたフランスの新聞記事を読み、それについての意見をフランス語で書いたり、逆に、同じテーマについて書かれた日本語の記事をフランス語に訳したりした。
    テーマ別でのテキスト講読
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2005/04/01~ 従来ある作家のある作品だけを扱うことが多かった講読の授業を、作家や作品ではなく、一つのテーマを決めて、それに沿って複数の作家、作品を扱うようにした。
    ゼミ論集の刊行
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2003/04/01~ 「演習」において、一年間のゼミのまとめとしてゼミ論集を刊行した。目的がはっきりすることで、意欲的に自分のテーマにとりくむことが期待できる。
    フランス語の授業における小テストの実施
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2003/04/01~ 「フランス語基礎」、「フランス語表現法」などのフランス語専攻の専門科目で語学を扱う授業において、一ヶ月から三ヶ月に一度の割合で小テストを実施した。そのたびに復習することになるので、学んだ内容のいっそうの定着を期待できる。
    パソコンを用いた授業内容の提示
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2003/04/01~ 「フランス文化研究」などの授業において、パワーポイント等を用いて、授業で扱うテクストに関しての補足的資料を提示したり、講義形式の授業では内容のレジュメを提示した。受講生にとって、時代の背景を画像でみることができたり、話を聞くポイントが明確になるなどのメリットがあると思われる。
    リレー形式によるフランス語教育
    教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む) 2003/04/01~ フランス語専攻の一年次の「フランス語基礎」、共通科目の「フランス語初級」の授業で、週に二回から五回あるフランス語の授業を連携させ、共通の教科書を用い、担当教員間で進度等を連絡しあった授業を進めた。別々の教科書を用いるより、より一貫した外国語教育を行うことができた。

    教科書・教材

    作成年月 教科書・教材名 概要
    2005/04 参考文献の作成 文化・文学系の授業において、学生のレポート作成に役立つような、関連書物のリストを作成し、配布した。
    2003/04 教室での提示資料の作成 上記の提示のための資料を作成した。

    ページの先頭に戻る

    ウィンドウを閉じる


    〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院大学
    このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。